FC2ブログ
日本で一番東にある古本屋〈道草書房〉のブログです。 本やそれにまつわる色々についてのよもやま話です。






プロフィール

みちくさ(道草書房店主)

Author:みちくさ(道草書房店主)
専門分野は、ミステリ・文学、それと郷土(北海道/根室)関係をちょこっと。
日本の片隅で細々と商いをしている、古雑誌をこよなく愛するおっちゃんです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



素早く消すのだ
道草書房では、現在ネット販売として「自店ホームページ」「日本の古本屋」「スーパー源氏」「アマゾンマーケットプレイス」の4つを使っております。それぞれに特色があり、出品している本も多少傾向が違ったりします。
例えば、低価格品は「日本の古本屋」にはあまり出品してないとか、コミックは「アマゾン」中心で捌いているとかです。

とはいえ、重複して出品している本も多くあります。ですから、あるサイトで売れた際には、他のサイトからは当該書籍(あるいは雑誌)を削除してしまいます。
でも、まれに他のサイトから書籍を引き上げるのが遅れて、同時に2ヶ所からご注文いただくなんてこともあったりします。夜中にご注文いただいて、翌日メールをチェックして気づくなんてことが、たまにございます。

そういうときは、先着のお客様ご優先で承り、それ以外のお客様にはお詫び申し上げることとなります。大変心苦しのですが、大抵の場合、代替品を用意することができず、そういう処理になってしまいます。

こういう事はそうそうないのですが、たまに当該書籍がテレビで採り上げられるとか、映像化が発表されたりした場合、そういったほぼ同時に別サイトからご注文いただく、という事態が発生しがちです。
あるいは、大学のゼミかなんかで参考図書として挙げられたらしいこともございました。

99%は大げさですが、それに近いくらいそういったことは起こらないのですが(裏を返せば、あんまり売れない店だという事でもあります)、併売している以上、まったくなくすのは難しいなとも思っております。

だったら併売をやめればいいのですが、実際どういった経路でお客様がお目当ての本に会えるのかわからない以上、いろいろなサイトからアクセスできるようにしておきたい、というのがあります。
当店ができることは、併売品は売れたら速やかに他サイトから削除する。この一点に尽きます。

別に何かトラブルがあった訳ではないですが、書くことがないので自戒の念をこめて記しておくことにしました。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://michikusabooks.blog108.fc2.com/tb.php/212-801e6931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)